「風しんイムノクロマト法迅速キットの活用に関する研究」


厚生労働行政推進調査事業費補助金新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業

「風しん第5期定期接種の対策期間延長における風しん予防接種促進に関する研究」

研究責任者:神奈川県衛生研究所所長多屋馨子

研究代表者:国立感染症研究所ウイルス第三部第二室室長嘉生

研究分担者:国立感染症研究所感染症疫学センター主任研究官森野紗衣子

はじめに

風疹第5期定期接種では、抗体検査を前置してHI抗体価1:8以下に相当する低抗体価であった場合に、麻しん風しん混合ワクチン(以下、MRワクチン)の接種対象とされます。一般的に、従来の風疹抗体検査は検査結果判明まで数日を要するため、検査・結果説明・ワクチン接種のために少なくとも2~3回の医療機関受診が必要とされます。これに対して、働く世代の男性が定期接種対象であることから、抗体検査ならびにワクチン接種をより受けやすい環境づくりが早急に求められています。

本研究は新規の風疹抗体検査である、イムノクロマト法迅速キット「バイオライン ルベラ IgG/IgM」(以下、迅速キット)を活用することで、健診当日に風疹第5期定期接種対象者(以下、対象者)の風疹抗体検査の結果説明、ならびに、抗体価低値であった場合にMRワクチンの接種またはワクチン接種の予約を単回受診で完了することが可能な環境を試験的に構築し、その運用における課題と利便性、実現可能性について検討することを目的としています。

風疹抗体検査ならびに風疹第5期定期接種に係る集合契約を市区町村と締結している医療機関に、健診、人間ドック、生活習慣病外来等で受診された第5期定期接種の対象年齢の男性に対して、風疹第5期定期接種としてクーポン券を使用した風疹抗体検査、MRワクチン接種の実施が可能である医療機関におかれましては、是非本研究にご参加いただきたいと考えています。

なお、協力医療機関には、以下の図の流れに沿い、迅速キットを用いた抗体検査の実施や、その結果に基づくMRワクチン接種等の対応をお願いいたします。

本実証事業の詳細は、以下の医療機関向け事業説明動画をご確認ください。

本研究におけるFAQはこちら

協力医療機関一覧

医療機関を受診される際は、迅速キットによる風しん抗体検査及び同日のワクチン接種が可能か、予約が必要か等、予め電話等で御確認ください。
受診の際は、クーポン券(抗体検査用、予防接種用両方)を必ずご持参ください。忘れた場合、抗体検査、ワクチン接種を受けることができません。

■医療法人養生院清川病院
神奈川県鎌倉市小町2-13-7
0467-24-1200

■たけすえ小児科
神奈川県中郡二宮町二宮904-6
0463-71-9735

■いちろうクリニック
青森県弘前市大字早稲田四丁目1番地5
0172-26-1692

■国民健康保険 大間病院
青森県下北郡大間町大字大間字大間平20番地78
0175-37-2105

■医療法人社団慶愛慶愛病院
北海道帯広市東3条南9丁目2番地
0155-22-4188

■相原内科小児科医院
青森県弘前市大字青山三丁目8-2
0172-33-0055

■くりの後庵クリニック
鹿児島県姶良郡湧水町木場973-1
0995-74-1500

■佐賀駅南クリニック
佐賀県佐賀市駅前中央一丁目9番38号SONIC佐賀駅前ビル6階
080-4280-7328

■医療法人浜病院
和歌山県和歌山市吹上2丁目4-7
073-436-2141

医療機関における迅速キットの使用について、令和4年度は、12月中旬までを予定しております。
具体的な使用期限については、期限の2か月程前までにお知らせします。

「風しんイムノクロマト法迅速キットの活用に関する研究」問い合わせ窓口

株式会社三菱総合研究所、 株式会社サーベイリサーチセンター

TEL: 0120-409-492(平日9:00~18:00受付)

MAIL: rubella2022@surece.co.jp